ひまわりだより〜母と父とわんこの暮らしby娘

野菜作り、トールペイント、ハンドメイドが趣味の父母と、犬の記録

ハンドメイド

ゆず化粧水

2016/11/21

ゆずがたくさん生ったので、種で化粧水を作ってみました。

前回の記事では塩ゆずを作りました(前回の記事はこちら)。今回は、料理した際に出た種や、料理には使えないゆずの種で化粧水を作りました。ゆずってとってもたくさん種が出るんですよね。はじめてゆずを料理したときはびっくりしました。

去年も作って、ここ1年はずっとゆず化粧水を使っています。肌に合わない人もいるそうですが、私にはぴったり合っているようで、肌がきれいね~とよく言われます(笑)

作り方はとても簡単。ゆずの種を取り出して、アルコールで漬け、ときどきかき混ぜるだけです。作業の最中にゆずの香りがふわっと漂って、とっても癒されます。

ゆず化粧水の材料

  • ゆずの種
  • 焼酎or日本酒
    • 20度以上のもの。私は家にあったホワイトリカー35度を使用しました)
    • 種の量の2倍~10倍の量(お好みで)
  • 保存容器
  • 精製水(お好みで)
  • 空のスプレー容器
  • お好みで、グリセリンなど

ゆず化粧水の作り方

  1. 保存容器は念のため煮沸消毒する
    ・今回は100均のビンを使用しました
    ・やり方の詳細はこちらの記事

  2. ゆずを切って、種を取り出す
  3. 種は洗わずに保存容器に入れ、アルコールを注ぐ
    (容量はざっくりです。今回はホワイトリカーも瓶も足りなかったので、キツキツです(苦笑))
    ゆず化粧水
  4. 冷暗所で保存する(夏場は冷蔵庫で保存が無難)
  5. 1日1回程度かき混ぜる
  6. サラサラだった液状が、だんだんドロドロしたものに変わっていきます
  7. 一週間程度でできあがり

 

  • できあがった原液は、ジッパーつきの袋で冷凍保存ができるそうです(私は去年冷凍保存しています)
  • 種は、2~3回、液がドロドロする限りは再利用ができます。捨てずにまたアルコールを注いでください!

ゆず化粧水

これは去年作ったときのものです。空き容器がなかったので、プリンが入っていたガラス瓶に入れていました。夏場以外は外に置いておいて、継ぎ足し継ぎ足し使っていました。ちょうど1年くらい使えました。

アルコールを使わないゆず化粧水

アルコールに弱い方は、水でも作れます。ただし、日持ちはしないので、一週間以内に使いきったほうが良いです。

  1. 種は少なめに用意し、容器に入れる
  2. 種の3倍程度の水を注ぎ、かき混ぜて、冷蔵庫で保存
  3. 1日でトロトロになるので、一週間以内に使いきる
  4. アルコールバージョンと同じで、何回か使いまわしができます

ゆず化粧水の使い方と注意点

  • お好みで精製水で薄めて使ってください
    ・私はいつも半々や、原液:精製水=3:1、など適当に使用しています

  • 空のスプレー容器に入れると使いやすいです
  • 日光に当たると成分が変わるという説もあるので、色の濃いスプレー容器に入れるのが無難かもしれません
  • アルコールの刺激に弱い方は、初めにパッチテストをしてくださいね
  • ゆず化粧水をつけた部分を日光に当てると肌荒れを起こす…という方もいるようなので、はじめは注意しながら使ってみてください(私は大丈夫でした)

ゆず化粧水の応用

私は試したことはありませんが、以下のような応用もできるようです!

  • グリセリンを足す
    ・化粧水の総量の5~10%程度のグリセリンを足すと、保湿力がアップします
    ・グリセリンの量は多ければ良いというものではなく、むしろ多すぎると乾燥してしまうそうです

  • ハチミツを足す
    ・殺菌作用や肌への栄養補給に良いそうです

  • 好きな精油を足す
    ・多すぎると刺激が強いので、化粧水の総量の1%以下にする
    ・ゆずの香りに飽きてしまったら、お好みで足しても良いかもしれません

ゆず化粧水の効果

  • 保湿効果
  • 美肌効果
  • 美白効果

種のまわりのペクチンがお肌に良いみたいですね。作業後の手がすべすべ、しっとりします。一緒に作業していた父も同じことを言っていました(笑)

私はここ1年使っていますが、トラブルを起こしたことは一度もありません。

まとめ

とっても簡単なゆず化粧水。しかも、身体に悪いものは使っていません(アルコールやゆずが肌に合わない方もいらっしゃると思いますが…)。このお陰で、この1年化粧水は買っていません。

ゆずが手に入ったら、ぜひぜひお試ししてみてください!

0

-ハンドメイド
-